ドラマーのイヤモニにおすすめな3つをご紹介!shure他定番モデル

スポンサーリンク
ドラマーのイヤモニにおすすめな3つをご紹介!shure他定番モデルドラム
この記事は約8分で読めます。

おすすめのイヤモニを知りたい方向けの記事です。

ドラマーにとって大切な物は楽器だけではありません。その代表的なものがイヤーモニター(通称:イヤモニ)です。リハーサル練習からライブ、音源収録といった各現場でドラマーの心強い味方となってくれます。ライブではPAから送ってもらう音源をイヤモニを通して聞くことで正確な演奏が可能になります。またドラマー自身の耳を保護するという役割もありますね。

同期音源を使用するバンドのみならず、すべてのドラマーに必要な機材がイヤモニです。そんなイヤモニですが各音響メーカーから様々なコンセプトのイヤモニが発売されています。一体どれが自分にとって最適なのか迷いますよね。

そこで今回は『目的別に3つ』おすすめのイヤモニをご紹介します。自分にはどのイヤモニが最適なのかについて、定番のモデルからちょっと変わったものまで、おすすめのイヤモニ3つを詳しく解説します。

それでは見ていきましょう!

スポンサーリンク

ドラマーのイヤモニにおすすめな3つをご紹介!shure他定番モデル

ドラマーのイヤモニにおすすめな3つをご紹介!shure他定番モデル

まずは、イヤモニに求めている条件が何か知りましょう。
次のどれに当てはまりますか?

  1. 価格と性能どちらも両立したい→コスパ最高の定番モデルを選択
  2. ボーカルの声をしっかり聴きたい→SHUREの中堅モデルを選択
  3. 密閉感がないクリアなサウンドが聴きたい→WestoneのAMシリーズを選択

イヤモニのデメリットの一つとしてその価格が挙げられます。少なくとも1万円以上はしますし、上位モデルともなると10万円は軽く超えてくる物もあります。たくさんの楽器や消耗品を買う必要があるドラマーにとって楽器以外での失費はかなり痛いです。そこでたいていのドラマーが考えるのが「低価格でかつ実使用に耐えうるイヤモニ」がないのかということです。

イヤモニを購入する際は、まずはコスト面で選択肢を絞ってその後に自分が求めている理想のイヤモニを選択するという流れでよいかと思います。製品として売られているイヤモニには得意不得意があります。例えば、ベースの音をよく聞きながら演奏したいという方は低音がしっかりとなるものを選択すればOKです。逆にボーカルやギターの音を聴きたいという方は中高音域をちゃんと鳴らしてくれるものを選択すべきです。全音域をまんべんなく鳴らしてくれるものもあります。

イヤモニは価格面がデメリットだといいましたが、悪いことばかりではありません。ちゃんとしたメーカーの物なら予備パーツが多く付属しています。耳の形や好みの材質は人それぞれ異なるためサイズや材質(ゴムorウレタン等)が違うイヤークッションがあったり、異なるケーブルの長さが用意されたりします。ドラマーにとってそういった細かい点に煩わされることなく、ストレスフリーで選択できる点は良いかなと思います。

※注意点:イヤホンでイヤモニの代用をするのはおすすめしません
「イヤモニって要するにイヤホンなんでしょ?」
はい、音を聞く道具という点では確かにその通りです。僕もドラムを始めた頃はそのように思っていました。ただ、良いイヤモニに出会ってからはドラム演奏のしやすさが段違いです。イヤホンの場合、高級なものになると音質が良くなったりしますが、イヤモニはある程度値が張る物になると使用性能が格段に良くなります(もちろん音質も良くなったりしますが…)。ドラムを演奏するためのイヤモニに関しては、安いもの(定価で1万円以下)を選択するのはおすすめしません。

スポンサーリンク

ドラマーにおすすめするイヤモニ3つ

  • SHURE / SE215-CL-A:安価でも品質の良いものを選びたい方
      
  • SHURE / SE315-CL-A:ボーカルの声を鮮明に聴きたい方
      
  • WESTONE / AM Pro10:周囲の音とジャズの基本を習得したい方

上記のとおりです。

SHUREのSE215-CL-Aはドラマーにとっては定番中の定番のイヤモニ。
同じくSHUREのSE315-CL-AはSE215の上位機種と思われがちですが、まったく異なる特徴を持っているイヤモニです。
WESTONEのAM Pro10は一般的なイヤモニとは異なり、周囲の音も聴こえる開放型対応のイヤモニです。
それぞれ、詳しくみていきましょう。

『SHURE / SE215-CL-A』

 

  • ドライバー構成:ダイナミックマイクロドライバー×1
  • 入力感度   :107dB SPL/mW
  • インピーダンス:20Ω(1kHz)
  • 周波数特性  :22Hz – 17.5kHz
  • ケーブル   :1.6m着脱式
※各項目のざっくりとした説明
・ドライバー構成・・・スピーカー部の種類。ダイナミック型かBA型の2種類ある
・入力感度・・・音が大きいか小さいか。数値が高い→音量は大きくなる
・インピーダンス・・・ノイズを抑える力。数値が高い→音量、ノイズは小さくなる
・周波数特性・・・再生できる音の範囲。「低音域(Hz)ー高音域(Hz)」で表示される
 

定番モデルのイヤモニ「SE215」の後継機モデル。ダイナミック型マイクロドライバーを搭載しているため豊かな低域のサウンドが楽しめます。着脱可能なケーブルは曲がり具合を保持するワイヤー付きなので、耳に沿うように装着することが可能です。快適なフィット感が得られるためドラマーはプレイに専念することができます。

『SHURE / SE315-CL-A』

 

  • ドライバー構成:ダイナミックマイクロドライバー×1+最適化設計されたベースポート
  • 入力感度   :116dB SPL/mW
  • インピーダンス:27Ω(at 1kHz)
  • 周波数特性  :22Hz – 18.5kHz
  • ケーブル   :1.6m着脱式
    ※各項目の説明は上記を参照してください。

シングル高精度マイクロドライバーを搭載しており、音のバランスが良くフルレンジで音を聴けます。低音域が弱くなりがちですがそこは最適化設計されたベースポートによって補っています。SE215-CL-Aと同様に、曲がり具合を保持するワイヤー付きなので耳に沿うように装着することが可能です。快適なフィット感が得られるためドラマーはプレイに専念することができます。

『WESTONE / AM Pro10』

  • ドライバー構成:フルレンジ、バランスド・アーマチュア×1
  • 入力感度   :114dB SPL/mW
  • インピーダンス:25Ω(at 1kHz)
  • 周波数特性  :22Hz – 16kHz
  • ケーブル   :1.3m着脱式
    ※各項目の説明は上記を参照してください。

バランスド・アーマチュア(BA)型ドライバーを1つ搭載しているイヤモニ。その魅力は周囲の音をはっきりと感じながられること。クリアな音と完全な周波数レスポンスを実現したアンビエント型イヤモ二です。※アンビエント型イヤモニとは周囲の音が聴こえる開放型対応のイヤモニのこと。WESTONE AM Proシリーズに採用されている技術で鮮明で広い音場のサウンドを体験できます。

それぞれのイヤモニについて簡単に書いてみました。どれもおすすめのイヤモニですが、お金に余裕のあるドラム初心者の方にはフルレンジモデルをおすすめします。低温域や高音域に特化したモデルは特徴があって良いとは思いますが初心者の方には向かないかなと。まずはボーカルをしっかりと聞き取れるもモデルから試される方が良いかなと思います。

ただ、ぶっちゃけどのモデルも品質の面ではしっかりしているので、音にこだわっていない方にとってはそこまで大差ないです。最終的には自分の好みになります。コスト面で選択するのも全然ありですね。ただひとつ注意点を上げるとすれば、ドラマーはシュア掛けと呼ばれる方法で装着できるモデルを選択すべきです。演奏中のドラマーは意外と顔を動かすことが多くイヤモニが外れないようにするためです。多くのイヤモニがシュア掛け可能なので問題ないとは思いますがその点は要確認です。
※シュア掛けとは・・・ケーブルを耳の上を通して装着する方法のことです。

ドラマーの方でイヤモニで迷っている方は今回紹介した3つから選んでみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ:イヤモニは自分が演奏する音楽によって選択すべし

まとめ:イヤモニは自分が演奏する音楽によって選択すべし

以上、3つのイヤモニをご紹介しました。どのイヤモニもカバーしているドラマーのニーズは異なりますが、ドラマーが満足できる品質に仕上がっているものになります。定番メーカーの定番モデルになりますので買って後悔する事は少ないかなと思います。個人的に使用してみた感想は次のとおりです。

  • SE215-CL-A:周囲の音が気にならず、ベースの低音部分を聞かせてくれる。
  • SE315-CL-A:SE215とはまったく別モデル。ボーカルの声がくっきり聞こえる。
  • AM Pro10 :全音域をまんべんなく聴ける。音の広がりを感じさせてくれる。

3つとも本当に素晴らしいイヤモニであることが皆さんに伝わっていたら嬉しいです。イヤモニの中では比較的低価格であるため、初めてのイヤモニを探している方はこれら3つを試しに使ってみてはいかがでしょう。違いが分からない場合はとりあえずド定番モデルのSHURE/SE215を選んでおけばまず間違いないかと。

本記事で紹介したイヤモニ

  • SE215-CL-A:1番初めのイヤモニ選びで迷っている人へ
      
  • SE315-CL-A:ボーカル曲を中心に演奏する人へ
      
  • AM Pro10:すっきりとしたサウンドを聴きたい人へ
ドラム
スポンサーリンク
\この記事をシェアする/
\キヨをフォローする/
キヨの大冒険